【中長期的に防災計画をサポート】

業種:不動産業
お悩み:中長期的な視点で防災計画を見直し、防災対応力を強化したい

こちらの企業様は、多くの企業同様ほぼ3年周期で人事異動があり、5年に一度の入替に際し、その都度違う担当者様が違う納入業者に相見積もりを取り備蓄品の入替を行ってきました。
しかし、この取組み方は、価格面は抑えられ経費の節減となる一方で、納入業者の提案が客観性に欠け、中長期的な視点での防災力の強化に繋がりにくいという点に、ご不満を感じていらっしゃいました。

防災備蓄の管理全般を請け負うコンサルタント契約を締結当初は納入業者としてご商談をさせていただいておりましたが、弊社の持つノウハウや知見を評価していただき、納入業者としてではなく、コンサルタントとして、客観的な立場で防災計画の推進をサポートし、備蓄品の管理、賞味期限切れ品の入替計画の立案、資機材導入に際しての情報提供、防災訓練などをさせていただいております。

【コンサルタント業務の一例】
  1. 本社・支店の災害備蓄品の在庫・期限管理
  2. 防災備蓄計画立案推進に向けた情報提供、サポート
  3. 本社及び指定か所の災害備蓄品を使用した災害対策訓練(年1回)
  4. 災害備蓄品の最新情報の提供

4月の人事異動後の最新の要員体制を検証し、備蓄品の必要数量を見直し個人の特定ができないように、郵便番号だけをいただき、弊社で従業員の居住地を点で落とし込んだマップを作成。本社、支店から居住地までの距離、河川などの地形を考慮し、災害時の帰宅の可否を検証。
現状の備蓄に不足があれば、強化・補充などのご提案をしております。

現状、一部フロアにかたよっている本社の備蓄倉庫を分散化本社は高層ビルの上層の多くのフロアを使用していますが、備蓄倉庫は一部のフロアにしかない為、組織変更によるフロアのレイアウト変更や改装時に、少しずつ分散化をはかっています。総務のご担当者様、各フロアのご担当者様と打合せを行いスペース捻出し、倉庫の図面設計、備蓄品の配置プラン、移動計画などをお手伝いを通じて、フロアで働く従業員の方々の安心・安全に向けた取組をサポートさせていただいております。