コンサルティングをご希望の方

弊社では、備蓄品の購入に関するお手伝いの他、防災力の向上に向けた様々なコンサルティングを行っています。

災害対策用品の使用法のトレーニング

備蓄品は事前に使用方法を知っていることで、はじめて本当の意味での備えとなります。
例えば、ヘルメットも正しい被り方を知らないと、100%の効果が期待できませんし、簡易トイレも使用方法がわからなければ、あっという間にトイレは不衛生な状態になってしまいます。
防災訓練時に実際に納入されている備蓄品を使用し、毎年セミナーを開催。各職員や自衛消防隊員にそれぞれの使い方の説明するトレーニングをお手伝いいたします。

災害対策用品の使用法のトレーニング

災害備蓄品のメンテナンス

備蓄品は定期的に点検、棚卸しを行う必要があります。食品の期限の確認はもちろんの事、救急箱の中や、資機材の経年劣化にも十分注意が必要です。

災害備蓄品のメンテナンス

備蓄品の保管方法・配置プランのご提案

備蓄品は、個人で保管するもの、フロアで保管するもの、倉庫で保管するものに分けられます。個人で発災直後に使うものは、事前に配布してしまった方が、災害時に配布する時間と労力が削減できます。一方、救出用の工具類はフロアごとに保管します。すべて地下倉庫に入れてしまっては、高層階でいざと言うときに使うことができません。

倉庫の場所、環境についても注意が必要です。水や食品は長期間保存が可能となっていますが、高温多湿の環境は絶対に避ける必要があります。

倉庫内の備蓄品の配置については、時系列的な優先順位を考慮して配置します。
ex.初期に必要なものは倉庫手前左側に、優先順位が低いものは奥右側に・・・
(人間の行動パターンを考慮)し救助救出工具類などは梱包からはずし、PPバンドを解いてすぐに使えるようにセッテイングしておきます。

備蓄品の保管方法・配置プランのご提案

中長期的な備蓄計画サポート

様々な事情により、備蓄品の賞味期限がバラバラになっていたり、数量が不足していたり、足りないアイテムがあったり、最悪の場合何を持っているのもわからなかったりという事例があります。
中長期的な視点で防災力を強化していく為に、弊社では、納入業者という立場から、よりお客様側に寄り添い、コンサルタントとして客観的な立場で防災計画の推進をサポートし、備蓄品の管理、賞味期限切れ品の入替計画の立案、資機材導入に際しての情報提供、防災訓練などをさせていただいております。

【コンサルタント業務の一例】
  1. 本社・支店の災害備蓄品の在庫・期限管理
  2. 防災備蓄計画立案推進に向けた情報提供、サポート
  3. 本社及び指定か所の災害備蓄品を使用した災害対策訓練(年1回)
  4. 災害備蓄品の最新情報の提供

中長期的な備蓄計画サポート